ベゼル

提供: †魔剤†
2020年6月22日 (月) 19:24時点におけるアルトさん (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
ベゼルの上部の例。この製品には後述のノッチが採用されている

ベゼル(Bezel)とは、「枠」や「額縁」を意味する英単語である。一般的に、腕時計やスマートフォンに使用される。ここでは、スマートフォンのベゼルについて解説する。

概要

スマートフォンにおけるベゼルとは、液晶画面の周囲の骨格部分を指す。ベゼル自体は電気的な機能を持たないが、液晶画面の保護および耐衝撃性の強化という意味で、極めて重要な役割を担っている。上部および下部のベゼルには、ボタンやカメラ、センサー等の重要な部品が搭載されていることが多く、ベゼルは従来なくてはならないものだった。

ベゼルレス

最近のトレンドとして、スマートフォンのベゼルの縮小(ベゼルレス)化が進んでいる。本体のサイズを保ったまま画面を大きくできるという意味で、ベゼルレスは重要である。デザイン面において"一般的に"好評であることも相まって、メーカー各社は製品のベゼルレス化を進める傾向にある。

しかし、ベゼルを失うことによるデメリットも顕著である。特に、カメラやセンサーの配置部分が失われることは重大な問題と言える。この問題を解決するための苦肉の策として考案されたのが、ディスプレイの一部を凹ませ、そこに機器を搭載する「ノッチ」である。ノッチは当初賛否両論であったが、現在は多くのベゼルレス製品に採用されており、一定の市民権を得たように思われる。

また、最近ではディスプレイ直下にカメラを内蔵するための技術も開発されてきており、ベゼルレスに伴う前述の問題は、完全に解決されつつある。ベゼルが完全に排除される日は近い。