シュレディンガーの猫

提供: †魔剤†
移動先: 案内検索

シュレディンガーの猫

 シュレディンガーの猫とは、量子重ね合わせ状態に関する思考実験である。
 内容は「放射性物質と猫を同一の箱に入れ十分な時間が経過したのち箱を開け、猫の生死を確認する」というもの。従来[いつ?]の量子力学では、この実験は「箱を開けるまでは猫は死んでいる状態と生きている状態の両方を併せ持っている、いわゆる重ね合わせの状態であり、箱を開けて中を観測することで初めて生死が確定する」と解釈されるが、それでは放射線を浴びたことは猫の直接な死因にはならず、箱を開けて中を観測したことが猫の生殺与奪を行ったことになってしまう。たびたび誤った解釈(例:シュレーディンバグ)を受けるがこの思考実験は箱を開けて中を観測することで事象が確定することを説明したものではなく、前述したとおり観測しないと結果が確定しないとする考えを疑問視することが本質である。